前半組のIBEA認定メンター養成講座が始まりました。

メンターさんには講座終了後、認定を受けた後で「仕事としてお母さんたちにを対象にお教室を開いていただく」ことができるようになっていただきます。

どんな教室なのかといいますと、家庭でお母さんが自分の手で、子どもに英語を教えてあげられるようになるための教室です。

といいつつ、テキサスでは

体を使って、

馬と関わって、

非言語や精神を学んでいただきます。

日常の雑事からすっかり離れる機会は、日本ではなかなか持つことが難しいものです。

ですからここテキサスでは、お教室で教える内容よりも先に、人を導くメンターとしてのあり方について、それぞれが考える時間となれば良いと考えています。

馬との関わりを通して、きっと普段は気づかない自分の姿や癖が見えてくるはずです。

子どもたちの乗馬指導は、プロの調教師、根本明彦さんが担当してくださいます。これってとんでもなく、ラッキーな体験なんです。