去る3月17日(土)大阪で、IBEA主催の「初」講演会「スーパーママ講座」を開催いたしました。

北は北海道、南は沖縄まで、日本全国から参加していただいたお母さん達、本当にありがとうございます。お会いできて嬉しかったです!

白熱した講義、質問コーナーも盛り上がって、なんと全9時間もの講座となりましたが(準備に手間取ってしまったのも原因に。申し訳ありませんでした)、ほとんどのお母さん達が最後まで残って参加してくださいました。

E-RA 読み聞かせを使った英語教育法

スーパーママ講座のトップバッターは、ロバート・ランディー英文学博士。

英語教育になぜ「読み聞かせ」が良いのか、母語の大切さなど、お母さんが家庭で英語を子どもに教えるために知っておくべきこと、また具体的な方法について、みっちり3時間のレクチャーがありました。

ご感想をいただきました

あらためて、絵本育児の真髄を思い出させていただきました。

まだまだ出来ることがある。最近さぼり気味でしたので、気持ちを入れ替え、三人の子供たちと向き合っていこうと思います。

私自身,子どもの脳の発達・刺激を意識しながら子育てをしたいと常々思っていたことから,非常に納得の講座でした。

ただ,読み聞かせをするだけではなく,コミュニケーションを図り,子どもに考えさせながら読み聞かせを行うことによって,子どもの脳は最大限刺激され,最大限成長することが出来ることになるという実践方法を教えていただいたことは,目から鱗が落ちるほどでした。読み聞かせ以外の触れ合いでも,意識すべきポイントだと気付くこともできました

子どもにとって読み聞かせは、最強の学びである事を再認識しました。

また、「子どもは本に、自身の安心感を求めている」という内容が、強く印象に残っています。読み聞かせによって人生の経験が得られ、それは、この世の中を生き抜く知恵になると知ったからです。

子どもには、この世の荒波を乗り越えて幸せな人生を歩んでほしいので、読み聞かせは子どもの人生に不可欠だなと、実感しました。

第2部以降のレポートへ続きます・・


英語教育と読み聞かせ、母語の大切さについては、IBEAママ英語講座の体験会でもメンターさんから聞くことができます。

ぜひ、ママ英語講座の体験会(対面500円、オンラインの場合はなんと無料です)に参加してみてください。