スーパーママ講座に参加されたお母さんから、ご感想をいただきました。

沖縄からのご参加!ありがとうございました。

今回、大阪でのスーパーママ講座に参加した事で、私の中の不安や心配が、確実に薄れている事を実感しています。講座に参加する決断も含めて、その日の学びが私の自信につながったようです。

 講座に参加すると決めてから、普段滅多にないワクワクを感じて嬉しかったです。そして、いよいよ講座が始まりました。第1部の読み聞かせと英語教育に関して、子どもにとって読み聞かせは、最強の学びである事を再認識しました。また、「子どもは本に、自身の安心感を求めている」という内容が、強く印象に残っています。読み聞かせによって人生の経験が得られ、それは、この世の中を生き抜く知恵になると知ったからです。子どもには、この世の荒波を乗り越えて幸せな人生を歩んでほしいので、読み聞かせは子どもの人生に不可欠だなと、実感しました。

 また、講師のオーガニックファームでの経験から植物を見る目が変わったというエピソードは、その人の視点が学びによって変化し、その視点によって生き方も変わる、良い教訓になりました。子どもの学びが人生を左右すると考えると、学びの機会を与える事は、親の役目であり、また、子育ての醍醐味のような気がしました。

 
 第2部の科学者からの子育てのヒントに関して、子どもだけでなく、親自身が実践すべきだという気がしました。というのは、’平均値からズレ’ている事を良しとしない空気があり、「平均値が正しい・ズレは間違い」と、意識のどこかにあったからです。’ズレ’が新しい成長を促す事を知り、ズレやゆらぎ・失敗を恐れずに、前に進む事を子どもに伝えていきたいと思いました。

 また、学びのあり方は、「世の中は想定外の事だらけ、だから教育でカバーする」という姿勢も、大切だと思いました。どうしても、予想外な事や失敗したりする事は避けたいと思うのだけど、それだといつまでたっても応用力が身に着かない。だから、想定外や失敗を恐れずに前に進む勇気が必要なんですね。
 
最後に、自由参加のセルリズムダンスで、感情と内臓の結びつきを基に、呼吸によって負の感情を吐き出す経験をしました。音楽に合わせて、自然に体が動き、身体も心もほぐれていった感覚が心地良かったです。

 ラスト、左足を軸にくるくると回るダンスの時、バックミュージックの♪what a wonderful worldが流れた瞬間、暖かく美しい空気を感じました。それは、とても貴重な経験でした。

 最後に、スーパーママ講座を通して、しっかり愛を受け取る事ができた気がします。これら講師やスタッフの方々の愛は、私を励ましてくれる力になると思います。