チルドレン大学

主体的に生きる子どもを育てる

お母さんとの毎日が楽しい学びになる!家庭でできる英才教育オンライン講座

学校教育が大きく変わります! 準備はできていますか?

未来の変化は予測不能!?

グローバル化と高度情報化がさらに進む

日本国内の外国人労働者数は、2017年10月末現在でおよそ128万人、海外に在留している日本人の数は、2017年10月1日現在の集計でおよそ135万人。 海外の多様な言語、文化の人たちと一緒に働くのが当たり前になる時代は、すぐそこまできています。 (厚生労働省:「外国人雇用状況」の届出状況まとめ)

AIの進化によって半数近くの仕事が自動化される可能性がある

今後、労働市場で生き残っていくためには、高いクリエイティビティとソーシャルスキルが必要となる。(スタンフォード大学 マイケル・オズボーン准教授論文:雇用の未来)

少子高齢化によるGDPの低下

我が国は世界で最も高い高齢化率である(内閣府:平成29年度版高齢社会白書)

中央教育審議会 答申:将来の変化を予測することが困難な時代を前に、子供たちには現在と未来に向けて、自らの人生をどのように拓(ひら)いていくことが求められているのか。 また、自らの生涯を生き抜く力を培っていくことが問われる中、新しい時代を生きる子供たちに、学校教育は何を準備しなければならないのか。

これからの子どもたちが求められる力

主体的に学び、自ら個性や能力を伸ばし、人生を切り拓く力

多様な考えを理解・尊重しつつ、自分の考えを表現できる力

問題を発見・解決し、新たな価値を創造する力

私たち親はどう準備したらいいの?

これらの総合的な力は、短期間の付け焼き刃では、到底、身につけることはできません。 幼児期から「長期的」に家庭での教育を与えてあげる必要があるのです。

子どもの可能性を開けるのはお母さんです

チルドレン大学で学べること ー お母さんができる英才教育 ー

子どもの主体性と好奇心を伸ばす関わり方

子どもとの会話や毎日の生活の中で、子どもの「好奇心」を引き出し「創造力」を高める方法、「やればできる!やりたい!」と思う心を育む方法を学びます。 いわゆる「お勉強」ではなく、大好きなお母さんとの毎日が、楽しい学びの時間になるので、英才教育はするべき?でも、子どものうちは、伸び伸びと遊ばせてあげたいし・・・そんな迷いが解決します。

英語が苦手なお母さんでもできる英語教育法

マザーグースを使って小さな頃から楽しく英語に触れ、その後の英語力の素地を作る方法を学びます。 小学校では、小3から英語が必修科、小5から教科化となって成績がつき、中学校から英語の授業は 「英語で行うことを基本とする」とされています。

対話形式の読み聞かせと知識のネットワーク

親が一方的に読んでお終いという読み聞かせではなく「対話形式」の読み聞かせを学びます。また、マザーグースを題材に、読み聞かせを知識や体験へと発展させて、子どもの知的好奇心を満たす方法を具体例を紹介しながら学んでいきます。

講座の詳細

作成・監修

チルドレン大学のプログラムは、英文学博士で詩人でもあるロバート・ランディー博士と、元通訳で翻訳家のランディー・由紀子夫妻が作成、監修しています。

学力は全米トップ0.1%でトライリンガルの息子(NYサラ・ローレンス大学を卒業)を育てた、自身の子育てのエッセンスを盛り込み、実践的な内容となっています。

お子様の対象年齢

赤ちゃん〜小学校低学年まで

受講の方法

PC、スマホ、タブレットから、オンラインでアクセスして受講します。(お申し込み後に、オンライン講座のURLをお知らせいたします。)セルフ・ラーニング形式なので、自分のペースで無理なく学べます。

講座カリキュラム

家庭学習のコンセプト

全18コンテンツ(ワークつき)

各コンテンツにはワークがついています。 頭で理解するだけでなく、体験を通して学びを消化することができます。

  • チルドレン大学へようこそ
  • 基本は親子の会話です
  • 対話式読み聞かせをしていますか?
  • 家庭でできる幅広い豊かな教育
  • 大人が子どもになることを学ぶ
  • やればできる!やりたい!と思う心を育むには
  • 子育ては急がば回れ
  • 家庭で社会的知性を育むには?
  • 直感と閃きの子育て(3回)
  • 賢い子はスピリチュアルに育てる(2回)
  • 子育てのシンクロディスティニー(2回)
  • 頭と身体は切り離して考えられない(3回)

サンプルを見る

英語教育とネットワーク学習

全33コンテンツ(ワークつき)

英語が苦手な日本人の親が子どもに英語を教えるための具体的な方法など、英語教育についてのコンセプトを学んだ後は、マザーグースを使った実践編です。

  • ママが英語を教える(3回)
  • マザーグースを100%使い切る
  • マザーグース全29編

マザーグースは全て、印刷できるイラスト入りテキスト、読み聞かせビデオ、音声、ネットワーク学習のヒントがついています。

サンプルを見る

受講生の声

チルドレン大学を受講する3つのメリット

親子の心のつながり、信頼感が育まれます

チルドレン大学では、読み聞かせや親子の会話、生活体験を通して子どもの可能性を伸ばす方法を学びます。特に大切にしているのが親子の会話です。

会話を通して育まれる、お母さんとの心のつながりや安心感は、お子さんが育つ上で揺るぎない土台となることでしょう。

子どもが何を欲しているかわかるようになります

どんなことに興味があるのか、どんな学び方が好きなのか、など、子どもは一人ひとり、また成長の過程によっても違いがあります。

チルドレン大学では、いま、我が子が何を欲しているのかをお母さんが汲み取る練習をしますので、教育だけでなく、子育ての様々なシーンで役に立つことでしょう。

教育費を有効に使うことができます

2020年から学校教育が大きく変わります。求めらめる学力は「知識」そのものから、それを使って何ができるか、表現力、判断力など、総合的なものとなり、英語でも「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能が問われます。

全てに対策するために、どれだけ教室や塾にお金を使っても万全とは言えません。

チルドレン大学で学べば、お母さんが最高の先生になることができます。

浮いた教育費は、子どもが国際感覚を身につけるための体験など、別のかたちで有効に使うことができます。

チルドレン大学 受講料

全51コンテンツ:28,000円(税込)

週に1回のお教室や塾に通えば、その間ずっと月謝がかかります。

塵も積もれば山となるで、トータルするとかなりの教育費がかかるのではないでしょうか。しかも、成長するにつれ、あれもこれもと心配になって、その数は増えていくかもしれません。

チルドレン大学なら、お母さんが子どもを深く理解しつつ、好奇心を引き出す方法を学べるので、自ら進んで学ぶ子どもを育てる方法を学ぶことができます。

お申し込み

全51コンテンツ:28,000円(税込)
5回払い可(クレジットカード)

サンプルページにて表示および動作確認の上お申込みください

また、利用規約も併せてご一読ください。
※お申込みの方は、利用規約に同意したものとさせていただきます。

ご希望のお支払い方法をお選びください

ゆうちょ銀行へのお振込み
(一括)

クレジットカードでのお申し込み
(一括・5回払い)