8月の馬と自然リトリート

お母さんが変わらなければ子どもも変われない
お母さん子どもも 自然環境から学ぶ2泊3日

頭で考えても思った通りにはいきません
経験が全てです!

お母さんが孤立してしまいやすい環境の現代日本。子育ての悩みを一人で抱え込んで苦しんでいませんか?

馬と自然リトリートでは、大自然や馬の力を借りながら、、 本当の自分とつながる経験 を提供します。

「何を言っても子どもの心に届かない」「どんなに努力しても変わらない」そう感じているお母さんは、ぜひ来てください。自分の本心と繋がることで、お子さんとの関係も変わります。

馬と自然リトリートでは、お母さん向けと、子ども向けのプログラムを別々にご用意しています。異文化での生活や、多種多様な経験のある講師が全力でご案内します。

ー お母さん向けプログラム ー

お母さんたちは日常の子育てに役に立てることができる、馬から学ぶ言葉に頼らない効果的なコミュニケーションを学びます。あなたの意識は身体から情報となって、無意識に子どもたちに伝わっています。

最終日には馬上でのヒーリングセッションで、感情を解放させます。元となっている感情を解放させることで、表面に浮上してくる問題を根本から取り除きます。

ご自身の本心を理解し、癒しが必要な部分は癒した上で、言語を超えて必要なことを深く伝えるコミュニケーションを身につけます。

ー 子ども向けプログラム ー

※ 自分で鹿児島まで来られる年齢の場合には、お子さんだけの参加も可能です。

野外でのワイルドキャンプ(子どもの馬レッスンも含みます)を通して、屋内では学ぶことが不可能な、頭をフル回転させて、自然の中で身体を動かすことの楽しさ&複雑さ、そして協力し合うことを学びます。

お母さんと離れて過ごすことで自立心を育み、人と人として対話する準備をすることで、他者との ”深い心のつながり” を育んでいける土台を作ります。

  • 安全には配慮いたしますが、擦り傷、切り傷など小さなケガも気になるという方は参加をご遠慮ください。健康管理、ケガや体調悪化について、主催者は応急処置以外の責任を負いません。
  • 当プログラムは医師法に基づく治療行為、および医療類似行為には該当しません。健康上問題のある方は、医師にご相談の上、ご参加ください。

お母さん向けプログラム

こんな悩みはありませんか?

  • 子どもが学校に行きたがらない
  • ゲームをやめさせられない
  • 親の言うことを聞かない
  • 子どもが勉強をしない
  • 何をやっても続かない
  • 夫が子育てに協力してくれない

言葉と身体、心を一致させる練習

ゲームばかりするのを止められない、親がして欲しくないことばかりする、親として自信が持てない、など、子育てで悩んでいませんか?

子どもは、お母さんの言葉ではなく身体、つまり、 表情やボディー・ランゲージから、より多くの情報を読み取って います。お母さんの言葉と身体(本心)が一致していなければ、子育ては複雑に感じることでしょう。日本では、本音と建前を使い分ける文化や過去の経験などから、自分の本心がわからなくなっている大人が多いようです。

なぜ馬なのか?

自分自身の本心と直球に繋がっていないと、馬と関わる時にはそれが伝わってしまいます。馬が子どもの代わりに鏡となって、お母さんの姿を見せてくれるのです。

講師(IBEA顧問ランディー由紀子)が、馬の様子と人の身体を見て、言葉以上に身体から伝わってくる本心を分析。言葉を選んで客観的に説明をします。

馬を通して自分を理解するほどに、子どものことや他人のことも自然と理解できるようになります。

“今”を変えるためには心の掃除を

様々な感情は過去からきていて、人の「今」は感情によって創られています。つまり、過去からの感情の癖に気づき、そこを変えなければ「今」は変わりません。

感情の癖は身体に蓄積されているため、頭で考えても解消されないばかりか、更に問題は複雑になってしまいます。こうした感情のしこりを野放しにしておけば、子育てだけでなく、人生の方向までも支配されてしまいます。

簡単にできる呼吸法や瞑想で、自分の手で昔からのパターンを書き換えていけるよう練習します。個々が自分の身体の感覚に気づき、感情と身体の結びつきを感じながら、過去の心のゴミを解放していきます。

子ども向けプログラム

※ 子ども(自分で鹿児島まで来られる)だけの参加も可

子どもワイルドキャンプ3つのテーマ

1. 自分で楽しいことを見つけて自主的に動く

長い人生で何度も迫られる「どう生きたいか」という問い。
自分の心の声を聞いて、考えて、行動するという技術が必要とされます。

そういった力を大自然の中で養います。

2. 地球で生きることを感じる

大自然の中で過ごすことによって、他の生き物たちとどのように関わり合いながら生きているのか、太陽や水とどのように繋がっているのかを感じてもらいます。

命や地球に対しての優しい心を養います。

3. 生活を見つめ直す

現代社会での生活では当たり前になってしまっていることを見つめ直します。

料理や洗濯など生活に必要なことを、子ども達だけの生活の中で自分たちで行うことで、自立心と感謝の心を育みます。

ワイルドキャンプの内容

親から離れて子ども達だけでキャンプを行います。子ども達にはチームとして自分たちで助け合って、考えて、過ごし方を決めて、行動してもらいます。大自然の中で、子ども達自身のワクワクを開放して遊んでもらいます。

大人は、子どももたちがチームになっていくためにファシリテーションを行う形で関わり、いい関係性を作っていくこと、また何か問題が起きればそこから学びを得て解決していくことを促します。

料理やお風呂の準備なども、やり方は教えながら、自分たちで考えてできる限りやる機会を作ります。

ご用意するコンテンツとしては、その場所ならではの「挑戦」を行ってもらいます。

少し怖いけど勇気を出して一歩踏み出して達成する経験をしてもらいます。その挑戦も、仲間同士で支え合い、応援しあい、友達の大切さを感じてもらうとともに、達成する喜びを感じていただきます。

また、火を囲んで、このキャンプでお互いに感じたことや、日常の生活について思うことを語り合い、経験を学びに変える機会を作ります。そうすることで非日常から、日常へ成長を持って帰っていただきます。

内容をご理解のうえお申し込みください。
安全には配慮いたしますが、擦り傷、切り傷など小さなケガも気になるという方は参加をご遠慮ください。

開催日時と定員

開催日程:2泊3日

1) 8/4(水)〜8/6(金)※ 募集終了

2) 8/9(月)〜8/11(水※ 募集終了

定員:各日程 親子4組(先着順)

会場

大人

フルーツパークさくら農園

〒899-4301
鹿児島県霧島市国分重久6029-3

※ コロナ対策のため1部屋に1人ずつ宿泊していただきます。

子ども

楠本川渓流自然公園(仮)
※ 変更の可能性あり

〒895-2706
鹿児島県伊佐市菱刈田中1413-9

プログラム詳細

参加される方や天候の状況などによって内容やスケジュールを変更する場合もございます。

また温泉や食事処はコロナの影響で、営業時間の関係から別な場所に変更の可能性もある旨ご了承ください。

初日・最終日は、ご利用の交通機関の到着時間、出発時間の都合に合わせて柔軟に対応させていただきます。

1日目
  • 12:00に現地集合
  • 12:00―13:00 オリエンテーション&お弁当
  • 13:00―15:00 大人&子ども:馬セミナー(子どもは馬セミナー後キャンプ場へ)
  • 15:00 大人:宿舎チェックイン
  • 16:00 温泉-田嶋本館&食事
  • 21:00- 石から教わる潜在意識ワーク&トーキングサークル
2日目

※ 子どもは丸一日、野外キャンプ

  • 各自で朝食
  • 8:00-11:00 大人:馬セミナー
  • 11:30 昼食に出発
  • 12:00-13:00 きままな台所で昼食
  • 14:00-16:00 大人:馬セミナー
  • 16:30-19:30 温泉-きのこの里&食事
  • 20:00- 呼吸法&トーキングサークル
3日目
  • 各自で朝食
  • 8:00-11:00 大人:馬セミナー
  • 11:30 昼食に出発
  • 12:00-13:00 バウハウスカフェで昼食
  • 14:00-16:00 大人&子ども 馬セミナー最終
  • 解散

講師のご紹介

大人担当:ランディー由紀子(IBEA顧問)

ランディー由紀子2004年「母親が家庭でできる英語教育教材」を無料で提供するために、IBEAの前身である英語本を立ち上げる。

IBEAが提供する講座プログラムの監修、執筆・講演活動のほか、10年以上にわたり親子馬セミナーを開催。毎回、先行予約のみで定員に達してしまうほど、多くのお母さんたちに支持されている。

著書に「12歳までの読み聞かせが子どもの「地頭」をつくる!」「子育ての魔法の杖 奇跡はもう起きている!21世紀の早期教育」の2冊がある。

子ども担当:伊藤 研人さん

【経歴】

2009年:大学を卒業後、ニュージーランドにて生活を始める。多国籍の人々が集まる環境で英語を習得、農作業従事。

2010年:オーストラリアでバナナ農園で収穫チームのリーダーを勤めながら、多国籍の環境でのリーダーシップを学ぶ。

2011年:スキューバダイビング・インストラクターとして英語でダイビングを教えながら、多国籍の環境での指導力を養う。

2012年:アメリカ合衆国でいくつかの地域のインディアンと生活を共にしながら文化を学び、様々な儀式を体験しながら精神性を学ぶ。中南米周遊(グアテマラ、メキシコ、ホンジュラス、ペルー、ボリビア)スペイン語を学びながら文化、宗教、地理、社会情勢を学ぶ。

2013年:ヨーロッパ周遊(スペイン、フランス、イギリス、スコットランド、スウェーデン、ドイツ、チェコ、スイス、オーストリア、リヒテンシュタイン、イタリア、ギリシャ)、イスラム教圏滞在(トルコ、エジプト)

各国で家庭の中で人と触れ合いながら文化、宗教、地理、社会情勢などを学ぶ。

2014年:中東周遊(エジプト、ヨルダン、イスラエル、ドバイ)、インド、ネパール滞在
各国で家庭の中で人と触れ合いながら文化、宗教、地理、社会情勢などを学ぶ。
アメリカ滞在、アフリカ縦断、東南アジア滞在

2015年 日本各地、約60カ所で講演。
和服の普及、国際交流活性化、根本的な教育を目的として、活動。

2016年 徒歩で日本縦断(北海道から沖縄)

参加費

大人 9万円(税込)

セミナー料金に含まれる内容
馬セミナー、トーキングサークル、呼吸法・瞑想指導などワーク

セミナー料金以外の費用(実費)

宿泊費8,000円(4,000円/1泊×2)、食事代、交通費、レンタカー代(人数で頭割り)

子ども 5万3千円

セミナー料金に含まれる内容
野外キャンプ、食事、乗馬レッスン、レンタカー代

セミナー料金以外の費用(実費)
現地までの交通費

お支払い方法

セミナー料金と宿泊費をゆうちょ銀行への振込でお支払いください。(一括または2回払い)

◆ 1回目のお支払い
一括払い:全額
2回払い:セミナー料金(大人・子ども)の50%
お申し込みより1週間以内にお支払いください。

◆ 2回目のお支払い:残額(2回払いの方のみ)
7月末までのお支払いとなります。

※ お支払い金額はそれぞれ個別メールにてご案内をいたします。


過去の馬セミナー参加者の声

隠れていたトラウマ手放す方法を教えていただき心が軽くなりました

Yさんからの感想

今回私が由紀子さんの元をお伺いしたのは、仕事を始めて感じていた、身体と心の違和感、そして、それを映し出すように娘の様子も、落ち着きがなくなってきていたのがとても気になっていたことが理由でした。

夜のセッションにて、夫と共に呼吸法とタントラを教えていただき、1日目から心も体も満たされました。

2日目、朝起きると、娘の表情がいつもと違って、とても柔和になっていました。主人にも私にも明らかに見えたようでした。

2日目の馬のセッションは、今、思い出すだけで、恥ずかしいほど心と身体が乖離していました。ただ馬を引いて歩くだけでも、歩き方そのものがぎこちなかったと思います。しばらくすると、テキサスで教わったことが、身体を通してひとつひとつ思い出されてきました。そうだ、歩くっていうのはこうだった、方向を変えるときは、まず馬の注意をこちらに向けてから、指示をだすこと。そして、グラデーションのように、徐々に繊細に想いを伝えること。

グラデーションで伝えることは子育てにも大切!これが、最近の私には抜けていました。たった5秒でいいから、きちんと子どもに意識を向けて認めてあげること。これもできていませんでした。私がいつも他のことに気をとられていて、心が上の空だったからです。

由紀子さんのこの日の言葉で私の心に残ったのは、「何をするのかではなく、どうやって取り組むかが大切」ということでした。目先のことに囚われていたと、大反省の1日目でした。

2日目で思ったのは、夫婦で参加させていただくことで、主人が改めてどういう人か、客観的に見れたことが大きな収穫でした。日々の生活の中では、本質は見え隠れするときがありますが、馬の前ではその人の真の姿がさらけ出されるようです。主人は馬との触れ合いは、思った通り安定感のあるものでした。

ところが3日目のセッションでは、喉に緊張があるところから潜在意識が紐解かれ、対人関係で言いたいことが言えないことに焦点が当たり、確かに!と、昔から主人のことで気になっていたこと、心配していたことが浮き彫りになりました。馬のセッションは、その時その人によって、人がもつ問題が浮き彫りになります。由紀子さんが身体と心のサインを読み解いてくれるので、腑に落ちて理解することができます。

また、対処法を論理的に説明してくれます。3日目の私の馬のセッションもそうでした。自分の中に隠れていたトラウマ。それが娘との関係にも繋がり、娘の中にあるトラウマが理解できたようでした。根深いものではなくても、自分の中でこんなトラウマがあったとは。自分では薄々気づいていても、見ようとしていなかった自分に気付きました。でも、それを認めて、手放す方法を教えていただき、心がとても軽くなりました。家でできる、娘のトラウマの解消法も教えてもらいました。実践していこうと思います。

今回由紀子さんから一貫して教えていただいたことは、全てにおいて「他に依存することなく、自分で自立していける方法」でした。自然から、自分の潜在意識から、どうすれば自分の悩みを解決できる糸口を見つけることができるのか?それは他のだれでもなく、自分自身でできるとしたら、みんなどんなに心が軽くなるのだろうと思いました。実際に、滝を見たり、石のワークに取り組むことで、心の問題と自分の潜在意識を繋げられると分かり、これからは自然に助けてもらって、自分自身が潜在的に知っている叡智から、もっとメッセージを受け取れるようになりたいと思いました。

自分自身の存在の質が変わった気がします。人生がうまく行かないと感じている人にお薦めします

Hさんからの感想

まずは一言で言うと、体と心が乖離していた自分が繋がり、やっと本来の自分が肉体の中に落ち着いた感じです。それは馬の上で自分の内に集中したときに起こりました。由紀子さんはそれを導いてくれました。

彼女のレッスンでは馬には乗っていましたが、通常の乗馬レッスンとはかけ離れたものでした。馬の上で私がしていたことは、馬をコントロールする事ではなく、自分の心の動きを注視する事でした。その結果、自分の心の癖に気づき、自分を発見することで次のステップに繋がったのだと思います。

通常は心を癒す、あるいは体を癒せば、心と体はつながっているのだから両方癒される、という前提かと思いますが、この考えは、その繋がりが途切れている人には機能しないのだと思います。私が失っていたこのリンクに気づけたことは、今回霧島で得られた大きな収穫でした。これまで様々なコーチや教えてくれる人に出会いましたが、大抵は体と心が繋がっていない事にそもそも気づかないか、もしくは気づいていたとしても、教わる人に気づかせることが出来ないように思います。

でも由紀子さんは、私の体から出るシグナルから感情の動きを見て、心の中で何が起こっているか、何が本来の自分に戻ることを妨げているか、そういうことを瞬時に見抜けていました。そして私がどんな状態であれ、そのまま受け止めてもらえました。批判されることもありませんでした。

私は乗馬歴は長いのですが、怖い体験をしたことで、今回乗り始める前に恐怖心を抱いていました。でも彼女は私の感情一つ一つに丁寧に向き合ってくれました。そうして自分の感情を知って向き合い、馬の助けを借りながら無理なく解消していけたので、自然に次のステップに移行でき、気持ちよく乗馬ができる状態を取り戻せました。

由紀子さんからは一般的な指導をされたというよりは、私が自分で気づけるよう、自然に導いてくれたような感じでした。「あなたがあなたであるように、手伝います。」というスタンスに見受けました。彼女の馬も、最初見たとき大きな馬で乗るのは怖いかもと思いましたが、とても落ち着いていて、こちらの心をよく汲んでくれた感じがしました。

この経験から自分自身の存在の質が変わった気がしています。ですからこれからは、馬や人間との関係も自然と変わっていくのではないかと実感しています。それは対相手ではなくむしろ、自分との関係がクリアーになったからではないかと思っています。

色々なセミナーやワークショップに参加され、自分探しをし、たくさんの知識を仕入れて頑張っているのに、なぜだか人生がうまく行かないと感じている人に、霧島の由紀子さんの所に行くことをお薦めします。乗馬だけでなく、彼女と一緒に暮らして学ぶところも多いです。

募集終了しました。
必ず参加規約に同意のうえお申し込みください。
お申し込みの時点で参加規約に同意したものとみなします。
  • 安全には配慮いたしますが、擦り傷、切り傷など小さなケガも気になるという方は参加をご遠慮ください。健康管理、ケガや体調悪化について、主催者は応急処置以外の責任を負いません。
  • 当プログラムは医師法に基づく治療行為、および医療類似行為には該当しません。健康上問題のある方は、医師にご相談の上、ご参加ください。

新型コロナウィルス感染予防対策について

  • 屋外での活動がメインとなります。
  • 体調不良がある場合、同居の家族・職場など身近な方に感染が疑われる場合には参加自粛をお願いいたします。
  • 参加中に体調不良を感じた際には速やかにお申し出ください。

キャンセルポリシー

  • 開催日14日前までのキャンセルにつきましては、セミナー料金のうち50%を返金致します。
  • それ以降の急なキャンセルにつきましては返金ができませんのでご注意下さい。